スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

アメリカ国内線の機内食は?ハワイアン航空&ヴァージンアメリカ航空2014-02-17(Mon)

日本どころか世界各地で何と120年(!)ぶりの
大雪だそうですね。



明治26年といったら私の曾曾おばあちゃんが13才ぐらいの頃でそれ以来こんなに雪が積もるのを120年もの間、見た人がない、ということもすっごい感じがします。

天国の海ツアーもこの雪のせいで羽田便に影響が出て欠航になったり遅延してツアーに間に合わなかったお客様が続出です。

ただただ皆さんのフライトが無事にハワイに到着するのを祈るばかりです。
早く安堵して搭乗できることを切に願っています。

6時間ちょっとでこんな海が待ってますよ❤
IMG_8627.jpg
2/13のサンドバー。
キャプテン・ブルースのサンドバーはパドルボードの練習にぴったり!
皆さんすぐに上手になります。


という訳で。
旅の楽しみの一つは乗り物。

なかでも飛行機に乗るというのはそれだけでスペシャル・スーパー・ハッピーフィーリングてんこ盛りな気分。

Photos - 21534


あのちょっと固い窓際の席にやっとの思いで身体を沈めたときの安堵感。
それまでの修羅場のようなすったもんだを終えて深いため息をつくとき
“すでに癒された感”が心を満たしませんか。

とりあえず外界をシャットでき、自分の本当に好きな事に没頭できる数時間にはそれだけでワクワクしてしまいます。
シャンパン飲んで口開けて寝るとか、数独ばかり2時間誰にも邪魔されないで挑戦するとか、何度読んでも睡魔に負けて寝てしまう読みかけの本を終えるとか、「ビッグバンセオリー」を3本続けてみるとか、あ〜んもう考えるだけで興奮します(マダムの場合)。はぁはぁはぁ。



空港までの距離感や長蛇の列のセキュリティー、長いフライト時間、非日常の閉塞感覚などなど
そのどれをとってもいよいよ待ちに待った休暇が始まるプレリュード。
アメリカのドメスティック便でもそれは同じこと。

そんなフライトの一番の楽しみ、
マダムの過去3ヶ月(2013年11月〜2014年1月)のフライトの中から選んだ機内食をレポートしましょう。

ハワイアン航空、
2013年11月4日のホノルル→ロスアンジェルス便から。
午後2時発なのでこれがディナーになります。

すべてのエアラインにシャンパンのオレンジジュース割り「ミモザ」はあれど
グァバジュースで割ったピンクのキレイな「グァバ・シャンペン」が
ウェルカムドリンクで用意されているのはハワイアン航空だけ?
IMG_6095.jpg

離陸後シートベルトサインが消えるとナッツとドリンクサービス。
早速見逃していたピクサーの「モンスターズ・ユニバーシティ」を!
IMG_6007.jpg

2種類の前菜は選んだのは鶏のもも肉のロースト入り、オリエンタルチキンサラダか、
豆腐のサラダのどちらかを選ぶんだったか・・・(もうよく覚えていないけど)
IMG_6009_2014021218514402b.jpg IMG_6097.jpg


メインにはベジタリアン・ニョッキをメインにズッキーニのグリル添え。
ワインが進むよ、どこまでも♪
IMG_6010.jpg

デザートはハート型アイスクリームのホワイトチョコレートがけ。
スプーンを入れると中からラズベリーのシャーベットが顔をのぞかせます。
コーヒーやアフターディナーリキュールと共に。
IMG_6016_2014021218514824a.jpg







2013年11月ユナイテッド航空、ホノルル→成田便から。
まずは搭乗後、プラスチックのグラスでウェルカムドリンクのシャンペンを。
あ〜、気分が上がります。
IMG_6161_2014021218223379b.jpg

離陸後すぐ、再び飲み物と暖かいナッツのサービスが。
バブルにお祝い気分なマダムは引き続きシャンパンよね。
IMG_6165.jpg

和食か洋食が選べたんだったか前菜と主菜を好きなように選ぶんだったか忘れたわ。
和食をチョイスしても前菜にサラダが付いてくるのが嬉しい。
正統派フレンチドレッシングはとても美味。
ハワイではあまり見かけないダッチブレッドがおいしかった!
IMG_6172.jpg

小鉢を入れたらこれでも八寸。
IMG_6168_201402121822363cd.jpg

夫はなにを食べるかと見るとチオッピーノ。
ブイヤベース風の甲殻類のスープ。
IMG_6173.jpg

到着前の軽食はフルーツ&シャキュルトリープレート。
こちらもペストリーだったかパンケーキだったかのプレートと選べたような。(忘れますた)
IMG_6179.jpg

見逃していたレオ様のギャツビー、良かったよ!
ロバート・レッドフォードも素晴らしかったがアート・ディレクション、美しかった!!
IMG_6176_2014021218221762e.jpg






ハワイアン航空のファーストクラスは2種類の前菜、2種類のメインディッシュから一つづつ選びます。
ホノルル→サンフランシスコ便は午後2時発なのでランチサービス。

選べる前菜はスモークサーモンときゅうりのルーレードを。
パンはハワイアン航空らしいタロ風味のロール。
メニューは先ごろカピオラニ通りにシェフ・チャイをオープンしたばかりのチャイ氏。
Photos - 21508
チーズのニョッキもありましたがこの日はハーブ・ローストチキンのブロッコリーニ、ワイルドライスのピラフ添え。
Photos - 21509


ハワイアン航空朝8時発のシアトル→ホノルル便
こちらはフルーツプレート&チーズをシャルドネと共に。
Photos - 21531

メインディッシュは暖かいブルーベリーマフィンが配られた後に
ブレックファースト・オムレツ。
中にはトマトとエメンタールチーズがたっぷり。
付け合わせはレッドポテトとベルペッパーのソテー。
Photos 21532

この後リリコイチーズケーキのデザート、食後酒、コーヒーなどがサービスされますが
マダムはスキップ。
IMG_6099.jpg



ホノルル到着寸前にはハワイアン・ラムパンチがサービスされます。
甘い甘いトロピカルカクテルに旅気分も上がります。
ハワイアン・ポテトチップスやマカデミアナッツチョコなどは
バスケットで好きなだけ配ってくれます。
サイコー!!
今まで飛んだありとあらゆるフライトの中でもまるでパーティー?みたいなのがこのフライト。
もう、極寒のシアトルからトロピカルパラダイスだからなのか、
お客さんがスッチーさんを真ん中に次から次へと激写大会やったりしててとにかく賑やか、というか華やか。
最後には大拍手でスッチーさんを讃える実に楽しいものでした。
Photos - 21535

ヴァージアメリカ航空
ドメスティックのショートフライトは90分ほどで到着してしまいますから
基本的にフードサービスはありませんが
ファーストクラスはおつまみ程度のものがサービスされます。
Virgin America Plane

サンフランシスコ→サンディエゴ便では
ハマスと地中海サラダをシャルドネで。
見えにくいけど米やタマネギをブドウの葉で包んだベジタリアン・ドルマダキアやローストペッパーも。
Photos - 21510

ランチタイムのサンフランシスコ→シアトル便は2時間のフライト。
前菜はブリーチーズと野菜スティックのプレート。
Photos - 21527


スモークハムのサラダかパスタが選べました。
Photos - 21526





あまりにもかわいくて飛行機マニアならキュン死しそうな塩こしょう入れ。
飛行機の背中からは塩が、お腹からは胡椒が出る仕掛け。
Photos - 21528 Photos - 21529
ヴァージンのこーゆーとこが、好き。
ブランソンらしいというか。



ちょーヒマな人だけ読んで。
<<マダムのひとり言>>


我が輩はロコである。名前は言えない。
どこでこうなったのかとんと見当が付かぬ。



大好きな日本へのフライトは搭乗前から気分もマックス。
奮発してあこがれの某航空会社のビジネスクラスをフルプライスで押さえてもうルンルン。

意気込むあまりリコンファームの際に「あのぉ機内食は(機内で炊き上げるご飯が評判との)和食をリクエスト・・・」、なんて言ったら
「そういったサービスはお受けしておりませんので機内で乗務員にお申し付け下さい」とのこと。

ちっと勇み足すぎたかと反省するも和食フェチな私としてはせっかく久々の日系航空便に乗るんだからやっぱ和食でしょ、とあの安堵感をイメージしてはジュルリとこみ上げるツバを何度となく飲み込む日々を過ごした。
そうまるで遠足前の子供のように・・・


さて。
そんな浮き足立ったチャイルド気分をへし折ることに、
搭乗後驚いたことにウェルカムドリンクが、ない。


搭乗後乗客全員が乗り込むまでの40分間、飲み物無しというのはかなり退屈ね。
こんなことならボトルのお水くらいスタバで買っておくんだった。
ハワイアン航空ならドメスティックでもシャンパン(本当はプロセッコなんだけどハワイアンのスッチーさんたちはこう言う)、ミモザ、グァバシャンパン、ワインはいかが、とかって聞いてくれるんだけど?

丸ごとアロハスピリッツな手厚いサービスに慣れているせいか、どうもスッチーさんさえ手持ち無沙汰に見えるほどしーんともり下がる機内にビビる。
ここで忘れず和食希望を伝えておくと「かしこまりました」と山根基世似(昭和なたとえですみません))の妙齢パーサーさん。

会社更生法を申請された会社だからかなり削っていらっしゃるのね、と独りごちて納得させる。

それにしても稲森さん、凄腕すぎるよ(泣)


我々の割り当てられた席は横一列にして2席、3席、2席と並んだ真ん中3席のうちの2席。

食事のサービスは左通路に面した夫が左窓側2席の方々と一緒に配られ、希望通りの洋食。
3席のうちの真ん中の私は右側の通路を通るスッチーさんからのサービスらしく
山根アナ似のパーサー嬢は夫にトレーを渡してさっさーと滑るようにワゴンを押して行ったね。
ぁ、コレってマニュアル通りのサービスなのね。
山根に華麗にスルーされたマダムのコシヒカリ(と勝手に信じてる)は夫の食事が終わってもまだ来ない。
あー、オナカ空いたんですけど。


それにしても結婚15年も経つと妻の食事が来てなくても平気で食べ始めるからね、ウチの夫。
さらにその夫、食事が終わると餓死寸前の妻を尻目にすでに高イビキ。

あー新婚旅行でなくて良かった。
ハネムーンならゼッタイ成田離婚(ウソ)。

夫よ、安らかに眠るが良い。
私ももうすぐ隣の一人旅のおばちゃんマダムと一緒にほっかほかのコシヒカリよーーーーぉーほっほ!と内心夫へのリベンジ気分が高まる。

そうこうする内にお隣のオバちゃんにも彼女の希望通りの洋食が配られ哀れな私を置いてお食事開始。

マダムのごはんは?コシヒカリはーーーーーーーーーーーー?
・・・っと叫ぶも脳内なのでスッチーさんには通じない。

そこに登場したのは愛くるしいチワワのような濃い顔立ちのタイ人スッチー嬢。

めっちゃ申し訳なさそうに「モウシワケゴザイマセン、はわいあんプレートしかナクナッテシマテ」とのたまう。
・・・ヌォオオーマイガッ。


こ、こんな所に人生の落とし穴があったとは。
よりによってマダム大の苦手のハワイアン・プレートとは。
脂肪と炭水化物400%のハワイアンプレートですか。

えぇえぇわたしはロコですよ。
いつもロコにまつがえられますとも。

でもねロコ90%のハワイアン航空だって機内食にハワイアンフードねーよ。

絶句するマダムに優しいチワワは「めいんきゃびんノ味噌汁モッテキマショーカ」と言ってくれたが
それが我の前に置かれるのは冬眠から目覚めた夫が映画も見終わった頃だった。
なんでもエコノミークラスのサービスが終わってから、ということで(落涙)・・・



チワワは優しかった。
心から申し訳なさそうに謝ってくれるのも新人特有の純真さ。
チワワは悪くない、システムが悪いのだ。
稲森サンが悪いのだ。
しかし。
これが万が一、我が母へのプレゼントのフライトだったらどーしよー。
マイ・ママンはどこに行くにもマイ箸持参。
しかも頑なに和食と中華にしか手を付けぬ昭和一ケタ生まれ。

このフライトに乗って、
彼女は紫色のポイとどうあのマイ箸で格闘するのだろうか・・・
と妄想しただけで・・・・笑えた。


まさかの修行のような断食フライト。
お前ばっかりヌクヌクと・・・・・と隣の寝顔を恨むも
そー言えば夫は何も悪いことしてないよね、と自己反省。
でも口開けて寝るな(心の叫び)とさらに怒りが込み上げるマダムなのでした。

教訓
出された物を黙って食べよう。

イギリス映画「ゴスフォード・パーク」を見たことがありますか。
images_20140212075510a9f.jpg

1930年代のマナーハウスを舞台に週末の狩猟パーティー(泊まりがけのイベント)の最中に起こる“館の主人殺人事件”。
イギリス人貴族に交じって招かれた唯一人のアメリカ人賓客の映画プロデューサーはベジタリアン。
彼の若い付き人が館の料理人にそれを告げると
「狩猟パーティーに来て肉を食べないなんて!貴族は出されたものは黙って食べるわよ」と言われてしまう。
アメリカ人賓客は翌朝のイギリス風ビュッフェ朝食の卵にも注文をつけ、
執事に「皆様にはあちらからお好きな物をお召し上がりいただいてますが」と呆れさせる。
マダム渡米23年。
私も注文の多いアメリカ人になって来たということね。

毎年夏休みは子供達二人だけで帰省させていた昔々、
数あるエアラインの中で「この会社のスッチーさんが一番親切だからここにして」と
切望し、不安な親を安心させてくれたのもこちらのスタッフの方々。
今でも感謝の気持ちがこみ上げてきます。

このフライトは約1年前のことなので
既に改善されていると良いなと思いますが、
これ以来、トラウマになってこのエアラインは使っておりませんで(笑)。
とは言ってもこのエアラインが今だに私の憧れなのに変わりはありません。



どなたか機内食が予約できるエアラインご存知なら教えて下さいまし。

ぇ、ファーストクラスにしろよ、と?
おっしゃる通りでございます。
友人が送ってくれたエミレーツ航空のファーストクラスの写メ、
素晴らしすぎて絶句したね。
マダムもいつかは・・・(遠い目)


今回フィーチャーしたハワイアン航空もヴァージンアメリカも
サービスの暖かさ(=フレンドリネス)では他社に比べて群を抜いていると思います。

私たちもサービス業のはしくれ。
マニュアル通りのサービスでお客様にご満足させられる訳も無く
徹底的にお客様の立場に立ったスタッフ一人一人のハートの大切さを思い知らされました。


皆様のハワイへのフライトが恵まれた楽しいものであることを心から願いつつ・・・





Comments(10) | Trackback(0) |

Comment

ファーストもビジネスも縁遠い庶民派マイラーの
私達に夢の共有、ありがとうございます。。。

たしかakikoさん達がボートショー帰りのシアトル⇒ホノルル便の頃はNFLのスーパーサンデーでシアトルシーホークスが優勝する前後で、ハーフタイムショーではホノルル出身のグラミー賞受賞者のブルーノ・マーズが登場したそうですが
一度、生で見てみたいものです。

稲盛さんの盛和塾、全国にありますね~

2014-02-18 13:49 | URL | Junzo [ 編集]

食べ物の恨みは怖いですよね~~~!!!!
私だったらもう、スッチーを呼び出しだなっ!!!
山根さん似のスッチーったら若手にバトンタッチしおって!
責任転嫁しおったな(##゚Д゚)イライラ

お金いっぱい払ってても関係ないのかい!?
明子さんよりも腹立たしくなってしもうた、、、
鼻息あら~~~~

大人な明子様、見習わなければ。。。。
わたすも、、、罪のない旦那子供に当たりそうだわ、
わたすは寸止めできないな、、、
脳の外、口に出そうだ、、、(´⊙艸⊙`;)がひきつりそうだ。

2014-02-18 16:31 | URL | ティナンタン [ 編集]

Junzoさん🎵
よく覚えていらっしゃること!
そうです。
ホークスの優勝前夜のシアトル便だったのでまぁ、盛り上がること!!

スッチーさんの最後の挨拶「ハワイ在住の皆さんお帰りなさい。シアトルからお越しの皆さん、GO Hawks!!」って言っったら大歓声と拍手。

ブルーノ、ついに来月ホノルルでコンサート実現です。
あり得ない値段になってますけど!(最前列で$3000以上!)

2014-02-18 17:42 | URL | akiko [ 編集]

ティナンタンさん🎵
もちろん私もどれだけエアラインに言いそうになったか。

けれどコレを公表する気(自分なりに消化できるように)になるまで1年の年月がかかりますた。

今となっては笑い話の珍道中。
「金持ちケンカせず」です。(笑)

2014-02-18 17:45 | URL | akiko [ 編集]

ビジネス、ファーストと無縁な私には夢のような画像です(≧∇≦)

グアバシャンペンも、ラムパンチも飲みたくって仕方ないですー!
そしてなにより塩コショー入れのおシャンティーさったら♪

素敵な妄想タイムでしたー(*^^*)


食べ物の恨みは…というのに、我慢できたAkikoさんを尊敬しますー!!
大人の対応が素敵ですー!!

2014-02-18 19:25 | URL | ひでぼう [ 編集]

ひでぼうさん🎵
ビジネスクラスの客が一番注文が多いのだそうですが
私もその1人かも?(笑)

どんなにマニュアルを良くしてもあるいはそれが無くても
実際にサービスする人にハートが無ければ壊れた自動販売機みたいになっちゃうなぁ、と。

めちゃ勉強になりました。

2014-02-19 08:38 | URL | akiko [ 編集]

そんなん、絶対に文句いいの大阪のおばちゃんになってしまう~。
読んでるだけで、メラメラフツフツと沸いてきました!
『エコノミークラスのサービスが終わってから』
って、エコノミーとビジネス・ファーストのスッチーは同じなんかい?
ちゃうやろーー。
無いなら無いで速やかに伝えてくれれば文句は出ないものの、
待たされた上に無いでは通らんなぁ。
何の文句も言わないAkikoさまに、あたしゃー頭が下がります。

2014-02-19 17:01 | URL | みどり [ 編集]

みどりさん🎵
「エコノミークラスのサービスが終わってから」というのは彼らに充分に食事が行き渡り、そして余ったら、というスタンスだったのだとその時は理解しました。

多様化する乗客の好みのなか、エアラインの方々も私たちのわがままを良く聞いて下さっていると思います。
たまたまこの時はその狭間にはまってしまったんだということなんだろーなー・・・

ただし私的には調理設備のごく限られた機内では奇をてらったアイディアや話題の有名店のものなどより、いつも食べているコンフォートフードを希望する人全員に食べてもらえるのが良いサービスなのではの思いますが。


2014-02-20 07:12 | URL | akiko [ 編集]

まさに旅のプレリュード。
利便性では圧等的に羽田便ですが、成田エクスプレスで品川からハワイが始まる、嬉し、楽し、アガル気分は成田便ならでは。
そして、日常から追われること無く、無為に時間を過ごす愉しみを教えてくれる空港で飲むビールの格別な旨さよ。

最後のビジネスクラスは、一体何時のこと(遠い眼)。
それこそビジネス以外では、今は無き北西航空ホノルル-成田便のチェックインの時、カウンターの人に手招きされるので行ってみると、小声で伝えられたオーバーブッキングによるビジネスクラス変更が忘れられません。(航空会社のミステイクに狂喜したのは唯一こと時だけかも)

大袈裟に言うと、エアラインのサービスはその国の民度や、国力を反映していると思っているので、日系エアラインのサービス低下には忸怩たるものが。
それこそ「おもてなし」の代表であって欲しいものです。

2014-02-21 00:31 | URL | セルジオいちご [ 編集]

セルジオさん🎵
セルジオさんの
>>空港で飲むビールの格別な旨さ・・・
わかるわかる〜!!
あの安堵感と開放感はナニモノにも代え難い。

それにしても手招きされてアップグレードって運良すぎーー!!
私もファーストクラスにアップグレードして欲しい。

まさにお・も・て・な・しを重んじる国を代表する日系航空会社としてはもちっと頑張って欲しい(涙目)

2014-02-21 12:11 | URL | akiko [ 編集]

コメントの投稿


管理人のみに送る
 

トラックバック

Trackback-URI http://tengokunoumitour.blog117.fc2.com/tb.php/762-3a52dd50

プロフィール

AKIKO

Author:AKIKO
キャプテンブルース天国の海ツアー へ
ようこそ!
横浜からハワイに移住して22年。
夫であるキャプテン・ブルースともども旅行と食べ歩きが大好き!
皆様に役立つ最新情報をナマでお届けします。
コメントでいただくご質問ご要望にお答えするのが何よりの楽しみ!
コメントお待ちしてます!!!

インフォメーション

天国の海New サイト Open!
星空ブログも見てみて

これからも、どうぞヨロシク!

・・・・・・・・・・・akiko。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天国の海より皆様へ

※当ブログ内の画像”及び文章の無断転用・引用を固く禁じます※

メールで購読


『キャプテンブルース天国の海ツアー』
メール購読できます。


*  *  *  *  *  *  

powered_by_fb.gif

QRコード

QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。