スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

横須賀ガール、ハワイの島へ2012-08-20(Mon)

皆さんは自分の住む街は好きですか?

ハワイ移住の遠いきっかけはそもそも私の育った街の色濃い影響があります。
ふるさと自慢もかねて、
今日は私の話しをのんびり聞いてください。

IMG_7797.jpg


神奈川県横須賀生まれの私は自分の住む街がふるさとだから、
という当然の理由無くしても
地元大好き少女でした。

昭和の名作、NHKの少年ドラマ(昔むか〜し、国営放送局では毎夕6時5分から少年少女向けにドラマを放映していた)
に新田次郎の少年小説「つぶやき岩の秘密」というのがあり
毎日夢中でテレビに釘付けでした。
その舞台になったのが三浦半島のはずれであり
ご近所で撮影されたというだけでワクワクしたものです。
20071123182139.jpg


当時住んでいた市営住宅のあった高台からは海が一望でき
通った中学校は全教室ハーバービューという贅沢な
横須賀市立田浦中学校。
この学校は後にTBSドラマ「LIVE」や「タンブリング」の舞台にもなり風光明媚な環境にあります。

topimage1

途中、高校生で移り住んだ横浜もまたまた魅力的な街で、
三浦半島全体が自分の庭であり
ご近所さんの葉山・鎌倉などの湘南はアソビを覚えたばかりの少女には遊びきれないワイルドさがあり、
週末が待ちきれないほどでした。
これほど海とは切っても切れない育ちですから
きっと一生海の見える所に住むんだろーなぁ、とチューボーの頃には予言しておりました。
(まさかハワイに住むとはこの時はイメージせず)
20071123181025.jpg

私が高校生だった1970年代の横須賀は米軍の街で
今ではすっかり観光地になった米軍基地の前には通称ドブ板通りがあり
米兵のぶら下がりのお姉さんたちがたむろするちょっとアヤシげな通りだったのを覚えています。

その横須賀の繁華街には小さな複数上映の映画館がいくつかあり
雑居ビルの中の席数40席ほどの(!)ちょーこじんまりした映画館には
学校さぼってひとりで制服姿でよく通いました。
(良い子のみなさんはしちゃダメよ)
当時からエキサイトメントを渇望していた冒険少女にとっては
学校生活が退屈だったのかもしれません。
IMG_6009.jpg

その横須賀中央駅前の映画館にはいつも前列に米兵が何人も陣取っていて
煙草をくゆらし、前の席に長い足を放り投げてかっなり自由な、ってか
スッゴイお行儀で観賞していたのです。
彼らの笑い声や歓声はさわがしくおおらかで、
スクリーンのヒロインに応援の声を上げるほどです。
(ゴールディー・ホーンが大男をメリケンサックで殴るシーンで「Go Girl!」って爆笑してたし)
Tetsu Photo 050


アメリカにどっぷり浸かっているかのような錯覚を覚醒してくれるのは
日本人とその米兵たちの笑うツボが全く違うことでした。
字数制限のある字幕ではジョークは伝わりにくいと思いますが
その時見たコリン・ヒギンズの「ファール・プレイ」はアメリカ人にはバカ受けしてました・・・
彼らが椅子から転げ落ちんばかりに爆笑するそのジョークは
字幕を必至で追う私たちにはまったくおかしくなく、
ちょー口惜しー思いで映画館を後にし、
絶対アレを理解できるようになってやる!と16の乙女は決心したのです。
マカプウ/虹
この「ファール・プレイ」という映画のセリフの絶妙な言葉遊びというか
語呂合わせがミステリーのヒントになったり
オトナのスパイシーなジョークになっているのを理解できるようになったのは
ハワイに渡って間もなく、
実にその映画を初めて見たあの日から10年もの月日が経ったころでした。

横須賀の場末の映画館で一人サボって過ごしたあの時間がなかったら
今でもこんなに頑張って英語を勉強してなかったかもしれないなぁ。
テツ サンドバー・カップル

未だに少々ベタな地元、横須賀ですが
あの環境で育ったが故に今の私がハワイにあるのだと思うのです。

その後なぜ横浜の主婦が子連れでハワイに移住してしまうかは
とてもこのブログでは書ききれないのでまたの機会ということで・・・


もう一つのブログ
「天国の海ギャラリー」
お客様からのYOUTUBE 映像が届いています。
sunstar

出演兄弟の笑顔がサイコーです!!!
リピーターのお客様の思い出アルバムを
ちょっと覗いてみてください!



本日は過去のお蔵写真からお送りしました。
マック、壊れた・・・
マウンテンライオン,
ダウンロードしたら
ナンカいろいろ変. orz...
















Comments(16) | Trackback(0) | 移住日記

Comment

多感な中学・高校時代に
異文化に触れてそのカルチャーを肌で感じられるって
素敵な事ですよね(*^O^*)。

その時の思いって純粋だし、目標に向かって
まっしぐらっていうエネルギーも持ってますし(^^;)。

16歳の乙女が決心して、すごい努力して、
今のAkikoさんがあるのですね~。
akikoさんの半生はきっと一冊の本に!
いや、映画にもなりますね!
尊敬します(*^O^*)。素敵だなあ!

2012-08-21 07:38 | URL | Benjamin妻 [ 編集]

その頃の明子さんを想像しながら読んでました。。。
スカートはロングスカートでチェーンをぐるぐる回しながら、、、((((;゚Д゚))))

10代前半での影響はすごいパワーになったんでしょうね!
私も~本が出たら買いますよ~~~!
これで2冊は購入決まりですね(*´∀`*)

2012-08-21 09:25 | URL | ティナタン [ 編集]

Benjamin妻さん♪
若い頃はいつもいつもやりたい事がたくさんあって
エネルギーがあまってて、
そして。
なぜか流されてハワイにいます・・・

私の人生が本になったらまるで暴露本・・・
困るヒトがたくさん出るので覆面で出版だわe-275
でも必ず笑わせますよ〜!



2012-08-21 10:34 | URL | akiko [ 編集]

ティナタンさん♪
チェーンをぐるぐるは、まわさなかったなぁ(^^;)

ティナタンさんも買ってくれるってことだし、
本を出して母校に講演でも行くとするか・・・

後輩にかなり希望を与える事はぐらいはできるかもe-267

2012-08-21 10:43 | URL | akiko [ 編集]

英語のジョークがわかるのって憧れです。
ショーなんか見てても、みんな笑ってるのに、何が??はぁ・・・

アキコさん、そんな不○時代があったんですか?
おいらはバリバリにありましたけど。

真ん中のたくさんの方で写ってる写真
憧れです、いつか必ずシャインと家族を連れてくので
よろしくお願いします!!

最後のYouTube映像、なんだかほのぼのとして
涙がチョロっと出てきそうでした~

PS:おいらも1冊購入します。これで3冊!!

2012-08-21 14:41 | URL | Ryo [ 編集]

勿論、私も!4冊!ってか、きっとベストセラーですわよっ(笑)現在、杉並区在住ですが私もヨコハマ育ち。キタムラ・ミハマ・フクゾー・ウチキパン・・・・同じ時期を過ごしたんでしょうね。最近は「青春」なんて言葉も聞かないなぁ~。「うん、うん、それわかるっ!」ってAKIKOさんとお喋りしたいわ。

2012-08-21 17:03 | URL | izumi.w [ 編集]

RYOさん♬
私はタダのマイペースなJKだっただけ・・・
RYOさんにはそんな時代がバリバリにあったのね(笑)
そーゆー時代のある人がやっぱ仕事始めるとリーダーになるのよね・・・

いつか天国の海で社員旅行やりましょう!!
でもって全員集合写真の真ん中にRYOサン夫婦が座るのよ〜!!

PS:お客様に毎日聞いてる「夫婦円満のヒケツ」なら書けるけど?

2012-08-21 17:42 | URL | akiko [ 編集]

izumi.wさん♬
私が話す昭和の言葉も2012年のハワイではすでに死語だとよく社員に言われます。

同世代の日本の社長連中と話していても彼らの若い平成ことばに付いてゆけない自分を見るときが・・・

あの時代の話しなら盛り上がる自信あり。
今度昭和の女子会やりましょー!!


2012-08-21 17:53 | URL | akiko [ 編集]

私の友達も映画を観て英語を勉強したって言ってた!
Akikoさんの高校生時代もキレーなんやろな☆
私の高校生時代?そりゃーあーた!細いのなんのって^^
私はよく神戸にサボりに行きました。テへ。

Akikoさんが出す暴露本、いえいえ『明子の半生』買いますよ~^^
これで5冊☆

2012-08-21 23:11 | URL | みどり [ 編集]

みどりさん♬
大阪女子はサボるときは神戸なのね、オサレ〜!
ちっとハイソじゃん♬

英語の映画を英語の字幕付きで見ることにハマってます。
難しい新しい単語も簡単に覚えられるし、
細かく理解できる!

『明子の半生』サブタイトルは「3度目の幸せ・夫は何度でも変えられる人生は何度でもやり直せるっ!」ってトコでしょうか・・・

2012-08-22 03:17 | URL | akiko [ 編集]

外国語の得意な方に聞くと
AKIKOさんと同じように、中・高の多感な時代に
学校さぼって映画館に通った派の(当時は不良と呼ばれた、笑い)
ひとが多いような気がします。
残念ながら私の育った兵庫の田舎町には映画館すら無く
異文化に触れると言うよりは思いっきり田舎ライフを楽しんでいました。やっぱりその影響か今でも日本にいても、海外旅行に行っても、田舎の部分が残ってるところが好きになります。。。あ~、ハワイの田舎の方に住みた~い。
でも嫁さんは都会派なんでワイキキに住みたいと言いそうですゥ~。PS、キャプテンのSTORYも知りたいな~。

2012-08-22 05:12 | URL | Junzo [ 編集]

Junzoさん♬
従姉妹たちの住む東京にくらべ横浜はかなり郊外だなぁと思って育ちましたが未だにサンフランシスコのような横浜に似た波止場(昭和語!)の匂いのする街が好きです。

夫の話しもオモシロいですよ〜!
昭和30年代に吉祥寺に住み、
アメリカンスクールに通う男の子って
まるで少女まんがの世界のようだ、と思ってしまったわよ。

2012-08-22 15:30 | URL | akiko [ 編集]

横須賀と聞くと、「横須賀ストーリー」、「港のヨーコ」、「海軍カレー」ぐらいしか思い浮かばない、発想が昭和で貧弱な私。akikoさんはハイカラで、ナウいヤングな青春時代をおくってらっしゃったんですね。(昭和は遠くになりにけり・・・)
でも私、ゴールディ・ホーンは大、大、大好きなんです!!!
若い頃、彼女の真丸い円らな瞳と、への字に曲げた小悪魔的な唇にノックアウトされたのを覚えています。彼女のファンになることで、コケティッシュや、コメディエンヌという言葉を覚えました。映画はもちろん、彼女のレコード(もちろんCDではなくLP)は、今でも宝物です。
ファイルプレイは当時、日本では興業的には全くダメで、コトバや文化のギャップが多きかったんでしょうね。コメディ映画は、一番そのギャップが大きいのでしょうね。

「明子さんのネバーエンディングストーリー」、私も購入します!!

2012-08-23 12:24 | URL | Guest [ 編集]

セルジオでした!

2012-08-23 15:00 | URL | セルジオいちご [ 編集]

私にとってのヨコスカ・ソングは渡辺真知子が三笠公園で歌った「カモメが飛んだ日」で、
自分の事を“ヨコスカ・ガール”と呼ぶときはユーミンのコバルトアワーの節です♪

>>ナウいヤングな青春時代・・・
ま、なんて昭和なおことば!(爆)

日本では大ヒットにはならなかった『ファール・プレイ』、良く覚えてましたね。
アメリカでは大好評で同じゴールディーとチェビー・チェイスのコンビでその後何本か撮影されました。
コメディー映画は英語わかるとめっちゃオモシロいです〜!

前売りでこんなに売れたら
本やっぱ書かないと!!

2012-08-25 09:53 | URL | akiko [ 編集]

↑セルジオさんへ♪でした!

2012-08-26 12:01 | URL | akiko [ 編集]

コメントの投稿


管理人のみに送る
 

トラックバック

Trackback-URI http://tengokunoumitour.blog117.fc2.com/tb.php/673-4831443e

プロフィール

AKIKO

Author:AKIKO
キャプテンブルース天国の海ツアー へ
ようこそ!
横浜からハワイに移住して22年。
夫であるキャプテン・ブルースともども旅行と食べ歩きが大好き!
皆様に役立つ最新情報をナマでお届けします。
コメントでいただくご質問ご要望にお答えするのが何よりの楽しみ!
コメントお待ちしてます!!!

インフォメーション

天国の海New サイト Open!
星空ブログも見てみて

これからも、どうぞヨロシク!

・・・・・・・・・・・akiko。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天国の海より皆様へ

※当ブログ内の画像”及び文章の無断転用・引用を固く禁じます※

メールで購読


『キャプテンブルース天国の海ツアー』
メール購読できます。


*  *  *  *  *  *  

powered_by_fb.gif

QRコード

QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。