スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

マイケル・ジャクソンのサンドバー2009-06-29(Mon)

マイケル・ジャクソンが50歳の若さで逝ってからはや3日・・・
わたしと同年代の方々はショックもひとしおなのでは・・・

テレビではどの局でも彼の特別番組が流れ
MTVでは5時間のマラソン・プログラムで彼のビデオグラフィーのすべてが放映されています。


IMG_1438.jpg


私が彼の名を知ったのは中学生だったでしょうか。
テレビで放映されていた映画「ベン」のテーマソングが彼の唄として聞いた初めての記憶です。
唄っている子が男の子なのか女の子なのかは知らなかったけれどこの人は天才だ!
とはっきり思ったのです。
それから青春の節目節目に彼の音楽がありました。

横浜出身のわたしが初めて都会の洗礼を受けたと感じた渋谷パルコでのアルバイト。
そこではいつも館内のBGMに彼の曲が流れ、
耳に強烈に残っている『ロック・ウィズ・ユー』を聞くといまだに胸がキュンとなってしまいます。



そのマイケルが我らがカネオヘ、サンドバーに滞在していたのは12年ほど前のことでしょうか。
キャプテン・ブルースはその時のことをよく覚えています。

80フィートの伴走船を従えてその200フィートほどのメガヨットは皆さんが歩かれるあのキャプテン・ブルースのサンドバーにその巨体を横たえたそう。

キャプテン・ブルースもスゴいスーパースターが滞在しているらしいことをウワサで聞いてモーターボートでなんとキャプテン・ホザンナと二人、誰だとは知らずにうろうろと偵察に行きます。(なんてミーハーなんだ!)
メガヨットの近くに行くと何と、マシンガンを持った軍隊風のセキュリティが船から出て来、ビビった二人は早々に退散、国賓級の誰かがいることがはっきり分かったのです。

その後、港ではマイケル・ジャクソンがその人だというウワサが流れました。
そのヨットは一周間の長きにわたりサンドバーにアンカーをおろしたのち、ゆっくりと次の目的地に向かって出航して行きました。


その数週間後、まだ、ティファニーに勤めていたわたしが思いがけずそれが本当にマイケルだったことをひょんなことから知るのです。

ティファニーでは新作が発表されるときに国際的な顧客を招いて様々なところでイベントを開催します。

その晩のイベントはヒルトン・ハワイアンビレッジのレインボータワーのペントハウス。
金曜日の花火を観賞しながら新作「ファイワーワークスコレクション」を堪能するという趣向でした。

ホテルの方が自慢げに語られた言葉に胸が高揚したのを今でも覚えています。

「カネオヘに停泊させたクルーザーに滞在していたマイケル・ジャクソン
船から一度だけヘリコプターでご外出。
直接屋上に到着しまさにこのお部屋で花火をご観賞。
またヘリコプターで船までお帰りになられた」ということでした。

夫と二人してマイケルとのニアミスに笑ってしまいましたが
スーパースターと空間を時間差で共有したことにささやかな感動が!


Tetsu Photo 050_2

あまりにも美しいサンドバーでマイケルの魂もきっとわたしたちのように
たっぷりと癒されたのにちがいありません。

5才からステージで唄い続けていたマイケル。
サンドバーを眺めながら天国のようだと思ってでもいたでしょうか。

昨年のインタビューで、自分が神から才能を与えられたことをどんなに感謝しているか、
そして本当の実力を発揮するのはこれからだと語っていたマイケル。


きっと今は本物の天国で
神様の前で唄っていることでしょう・・・ね・・・♪



photo by Tetsu










Comments(6) | Trackback(0) | セレブ来訪

Comment

すごいニアミスですね、、、
そこにマイケルがいたと思うだけで鳥肌が、、、
さすが、天国の海に滞在とはスケールが違いますね。。。

昨今ゴシップねたが多く取り上げられておりましたが、
振り返ってみると、マイケルが好きだった!
マイケルの曲を聴いているとビリビリキタv-363
もっと、歌ってほしかった、もっと踊ってほしかった!
安らかに永眠下さい、、、

2009-06-30 10:22 | URL | ティナタン [ 編集]

ティナタンさん!
ワタシもマイケル、大好きでした~!
とくに記事でも書いた「Rock with You」のビデオは
肩肘張ってない気軽さが大好き~!
(フリなし、セットなし、バックダンサーなし)
『Off the Wall』の頃の彼が一番ほっとするなぁ、とても幸せそうで・・・

ほんとにもっともっと彼の曲を聴きたかったですよね・・・(涙)

2009-06-30 11:55 | URL | akiko [ 編集]

マイケルジャクソンすごいスーパースターですよね・・・10年ぐらい前かな?日本でコンサートがあった時見に行きました・・・コネを使ってチケットをゲットして・・・。彼の歌もパフォーマンスも鳥肌ものです!もう見れないと思うと貴重な体験でした。ピュアなマイケルは、きっと子供としか心を開いてお話しが出来なかったんでしょうね。お金目当ての大人達ばかりが回りにいたので・・・大スターは大変な一生を送ったような気がします!
それにしてもakikoさん渋谷パルコでアルバイトしてたんですね~~びつくり!!私渋谷丸井でアルバイトしてました!

2009-06-30 16:17 | URL | fumi [ 編集]

その日の朝いつも通りに車に乗り込み
いきなり
マイケルの曲
んっ?
何かあったの?
何か感じるいつもと違う空気。。。。。
まだ
真実なのか・・・何なのか。。。。。
受け入れない生の声・・・
えッ?・・・・・?????
マイケル!
もしかして。。。。。
数分に起きた寝ぼけたマリーンの頭ン中。
マジかよッ!
知ったソノ瞬間
固まりました。
今ここでコレ?????
誰にでも寿命はあります。
受け入れます、が。。。。。
今日はチョット
テンション低いマリーンです。
また
すぐ
元気に復活します。
マダムンも
頑張ってね!(^^)!
マリーンも
頑張ります☆


マイケル
安らかに。。。。。。。。。。








2009-06-30 20:34 | URL | マリーン [ 編集]

fumiさん!
渋谷丸井ですか~!
なんて近くなんだ!!
でもワタシが渋谷センター街で遊んでいたころ
fumiさん、アータは小学生、いや、園児かも・・・

前回渋谷にキャプテン・ブルースといった時判明したのは
あの代々木公園のとなり、今はなきワシントンハイツ育ちだったってことです。
彼の方がメッチャ懐かしがってました(笑)

それにしてもあの伝説のコンサートに行っていたなんて!
すっごーい!

2009-07-01 16:46 | URL | akiko [ 編集]

マリーンさん!
ほんとうにショックでした・・・

70年代後半から80年代にかけて遊びまくっていたワタシたちにとって、街かどでも、ラジオでも、ディスコでも彼の曲の聞こえないところはありませんでした。

日々ニュースで彼の人生に携わった人たちのインタビューを目にするにつれ孤独な彼の人生が浮き彫りになり、
ほんとうに切ない気持ちになりますね・・・

マリーンさんもいろいろ頑張ってください~!

2009-07-01 16:54 | URL | akiko [ 編集]

コメントの投稿


管理人のみに送る
 

トラックバック

Trackback-URI http://tengokunoumitour.blog117.fc2.com/tb.php/427-d22a2b21

プロフィール

AKIKO

Author:AKIKO
キャプテンブルース天国の海ツアー へ
ようこそ!
横浜からハワイに移住して22年。
夫であるキャプテン・ブルースともども旅行と食べ歩きが大好き!
皆様に役立つ最新情報をナマでお届けします。
コメントでいただくご質問ご要望にお答えするのが何よりの楽しみ!
コメントお待ちしてます!!!

インフォメーション

天国の海New サイト Open!
星空ブログも見てみて

これからも、どうぞヨロシク!

・・・・・・・・・・・akiko。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天国の海より皆様へ

※当ブログ内の画像”及び文章の無断転用・引用を固く禁じます※

メールで購読


『キャプテンブルース天国の海ツアー』
メール購読できます。


*  *  *  *  *  *  

powered_by_fb.gif

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事表示

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。